コラーゲン技術研修会

since 1980

Ⅳ型コラーゲンNC1

K35  NC1

容量: 1 mg/ml

本質: タイプⅣコラーゲンのNC1領域(非らせん部位)

形状: 溶液 (凍結)

保存: -20 ℃

使用期限: 1年

由来: ウシ腎糸球体

精製: 独自精製

溶媒: PBS

防腐剤: 添加無し

特徴

糸球体腎炎モデルの惹起

用途

サル、ラット他の動物で腎臓病・腎炎モデル[K35腎炎]を作製する。

腎疾患治療薬の開発、スクリーニング、自己免疫疾患の研究に

K35腎炎とは

1[K35腎炎]とは、タイプⅣコラーゲンNC1領域(NC1,品名「K35 NC1」)の投与により惹起される「抗糸球体基底膜(GBM)抗体腎炎」である。

「抗GBM 抗体腎炎」は、ヒトでは稀な腎炎(狭義ではグッドパスチャー症候群)とされ、実験的には馬杉腎炎を起点とし、Sadoらがラット腎炎モデル³)を確立した。

 

2腎炎モデルの作成製例

注)下記のラット腎炎モデルは尿蛋白で腎炎発症とした。

 

1)ラット(Wky/NCrj、雌10週齢)

K35 100 µgを同量のFCAとのエマルジョンとして両後肢足蹠の皮内に1回均等投与。

3週後に尿蛋白が尿試験紙で高度の陽性値を示す¹)。

 

2)ラット(Wistar、雌5週齢)

尾根部皮内にK35を初回50、2週、4週後に各100 µgを、同量のFCAとのエマルジョンで投与。6週後に尿蛋白が尿試験紙で上限の陽性値を示す¹)。

 

3)サル(カニクイサル、雌 約4歳)

K35 4mgを同量のFCAとのエマルジョンとして、両後肢足蹠の皮内に1回均等投与。3週後に尿蛋白が尿試験紙で陽性を示す¹)。

*WCN 6 8~12、2003 BERLIN

**9 th APC OF Nephrology 2 16~20,PATTAYA THAILAND

 

4)サル(カニクイサル、雌約4歳)

背部皮内にK35を初回1 mg、3週後に3 mgを、同量のFCAとのエマルジョンで投与。4-6週後に尿蛋白を示す*。

*第47回(H16)日本腎臓学会 5 27-29 2004. 宇都宮.

使用論文

Aoyagi D., et al. (2010) Granulomatous transformation of capillary lesions in pulmonary-renal syndrome autologously induced anti-glomerular basement membrane disease in Wistar-Kyoto rats. 14(2):123-31.

関連製品

・「K35mono 抗NC1モノクローナル抗体(マウス由来)」

  *ヒトや腎炎モデルの障害腎のみを免疫組織染色し、回復腎や正常腎を染色しない

  **K35monoが認識する部位を抗原とした自己抗体がK36により測定される

・「K36 抗NC1抗体測定キット ELISA」 ヒト用

  *腎炎で検出される

・「K34 タイプⅣコラーゲン(ヒト胎盤由来) 1 mg」

・「K34POLY 抗タイプⅣコラーゲン抗体(ウサギ由来)」

  *正常腎及び障害腎の両者を染色する

・「K79L タイプⅣコラーゲン測定キット(動物用)」 「K79H(ヒト用)」

文献

1)細胞 34(4) : 36-39, 2002.

2)細胞 35(4) :40-44, 2003.

3)細胞外マトリックス研究法(5) コラーゲン技術研修会刊. 48-63, 1999.