コラーゲン技術研修会

since 1980

コラゲナーゼ(MMP)活性測定キット

K11 コラゲノキット CLN100

キット内容

A液;基質(蛍光標識Ⅰ型コラーゲン)

B液;緩衝液

C液;酵素反応停止液

D液;抽出液

K12 コラゲノキット TypeⅡ

キット内容

A液;基質(蛍光標識Ⅱ型コラーゲン)

B液;緩衝液

C液;酵素反応停止液

D液;抽出液

測定原理

コラゲナーゼ(MMP)は、コラーゲンを切断する。この切断片は35 ℃以上で容易に熱変性し、
熱変性した切断片はエタノールに可溶性となる。一方、未分解のコラーゲンは変性温度が
41 ℃であり35 ℃では熱変性せず、エタノールに不溶である。
本キットはこれらの熱変性温度とエタノールへの溶解性の差を利用したものである。
すなわち、①蛍光標識コラーゲンを溶解中でコラゲナーゼと反応後、②分解物のみを
35 ℃で選択的に変性させ、③ついでにエタノールで抽出し、④この抽出された分解物の
蛍光強度を測定することにより、コラゲナーゼ活性を定量する。

使用例
慢性関節リウマチ、肝硬変症、悪性腫瘍他各種疾患、骨代謝、軟骨細胞、関節疾患等
の研究に
 

応用例/ゼラチン分解酵素測定法

・MMP2.9等のⅣ型コラゲナーゼやストロメライシンの測定に

 

応用例/潜在型酵素の測定に

1)トリプシンによる活性化

2)水銀化合物による活性化

本製品にかかわる国内文献例

1)服部俊治. 細胞外マトリックス分解酵素の活性測定. In: 畑隆一郎他編 細胞外マトリックス研究法(2) 
東京:コラーゲン技術研修会刊 1998: 77-87.

2)服部俊治他. 蛍光標識Ⅱ型コラーゲンを基質に用いたコラゲナーゼ活性測定法. 結合組織.
1996; 28: 27-33.

3)来住凖一他. MMPの活性測定法. In: 鶴大典他編 蛋白質分解酵素Ⅰ 東京:学会出版センター刊 
1993: 137-151.

4)中田英二他. 胃癌の発育・進展とコラーゲン代謝. BIOTHERAPY 1991; 5: 1441-1448.

5)飯塚三恵子他. 家兎強膜培養細胞のコラゲナーゼ産生について 予報 FITC- 標識コラーゲンを用いた
簡易微量測定法. 日本眼科紀要 1989; 40: 976-981.

6)工藤功美子他. Bacteroides gingivalis培養上清、ヒト末梢血多形核白血球、及び、ヒト歯肉溝滲出液中の
コラゲナーゼ活性に対するチキン・オボマクログロブリンの抑制効果. 日歯周誌 1988; 4: 1061-1069

7)野村和夫他. 先天性表皮水ほう症の病型と繊維芽細胞由来コラゲナーゼ活性について.
日本皮膚科学会雑誌 1986; 96: 477-481.

8)関根富佐夫他. 慢性関節リウマチ患者の関節液におけるコラゲナーゼ活性についての研究.
日内会誌 1986; 75: 488-494.

9)永井裕他. コラゲナーゼ活性の簡易微量測定法の開発とその応用. FITC- 標識コラーゲンを用いた
コラゲナーゼ活性微量測定法. 炎症 1984; 4: 123-130.

10)永井裕他. コラゲナーゼ活性の簡易微量測定法の開発とその応用. Part2 応用: コラゲナーゼ活性測定
のための検体組織及び体液の前処理(活性化). 炎症 1984; 4: 247-254