コラーゲン技術研修会

since 1980

抗NC1抗体測定キット

K36 抗NC1抗体測定キット

キット内容

A; 抗原固相化プレート

B; 標準液

C; 希釈液

D; 酵素標識抗体

E; 発色基質液

F; 反応停止 

G; 洗浄液

  ※保存温度は「B標準(長期保存は-20℃)」を除き、4~8℃。

​  「B」は使用時、4~8℃で溶解させる。

特徴

​本キットは、ヒト体液の抗Ⅳ型コラーゲンNC1抗体(抗NC1抗体)を、ELISA法で測定するものです。

NC1(K35 NC1)の投与でカニクイサルに腎炎が惹起されることから、NC1はヒトの腎炎でも病因として共通高原になっている可能性があります。

一方、「K35MONO 抗NC1モノクローナル抗体(マウス由来)」が、間接的免疫組織染色でサル腎炎モデルとヒトの障害腎を染色しながら健常腎や回復腎を染色しないことから、障害腎のNC1を抗原として認識した抗体が尿中に出現することも示唆されます。

本研究試薬が腎炎治療や治療薬の開発に役立てば幸いです。

使用論文

Aoyagi D., et al. (2010) Granulomatous transformation of capillary lesions in pulmonary-renal syndrome autologously induced anti-glomerular basement membrane disease in Wistar-Kyoto rats. 14(2):123-31.